its' me camp

It's Me Camp

ここは、ほんとうの自分でいられる場所(ばしょ)です。

いろいろな国(くに)から日本にきた13〜18歳のティーネイジャーたちが、2日間いっしょにキャンプをします。

日本語、えい語、ポルトガル語など、みんな言葉(ことば)がちがうので、ジェスチャーをつかってコミュニケーションを楽(たの)しみましょう!

キャンプのとくちょう

  1. いろんな国の人がいます。

  2. どんな言葉(ことば)で話(はな)してもOK!(みんなにおしらせをする時は、日本語で通訳(つうやく)をします)

  3. 我慢(がまん)や、遠慮(えんりょ)はしないでください。

  4. たくさん学(まな)んで、たくさん遊(あそ)べるプログラム

  5. なにかにチャレンジする人を、みんなが応援(おうえん)します。

 

おもなプログラム

1日目 :

● ゲーム……Relax!
● アートワークショップ……あたらしい自分をみつけよう!
● キャンプファイヤー…….みんなでおどろう!たのしもう!

2日目 :

● キャリアワークショップ……将来(しょうらい)のことをかんがえよう!
● BBQ…….みんなでたべよう!

Reports

Voice of Participants

“自分の中にあった壁(かべ)を乗(の)り越(こ)えられた”

一番は、いろいろな国の人が一緒(いっしょ)にいて、お互いを尊重(そんちょう)しあっていたことです。ここでは皆(みんな)それぞれが自分のできるコミュニケーション方法でかかわっていて、その楽しさもみんなに広がっていました。

このキャンプに参加(さんか)して、私の中でいろいろ変わったと思います。とくに、他の国に対してもっていた偏見(へんけん)が大きく変わりました。今までフィリピン人やネパール人と関わったことはありませんでしたから。

私は10〜11歳の頃(ころ)に日本の学校(がっこう)でいじめられました。なので私はずっと”日本人はブラジル人がきらい”だと思っていました。それで自分から壁(かべ)をつくっていましたが、このキャンプでそれは壊(こわ)れました。自分に自信(じしん)がついたと思います。

“何をしても批判(ひはん)されないっていう安心感(あんしんかん)”

 

It’s ME Campは、期待(きたい)していた以上におもしろかったです。とくに、他の国の人と話したり考えを共有(きょうゆう)することに対して、別(べつ)の見方(みかた)ができるようになりました。

僕は小さい頃(ころ)、日本の学校(がっこう)でいじめられたことがあって引っ込み思案(ひっこみじあん)になりました。でもここでは自由(じゆう)な自分でいられると感じました。

“生きることには意味(いみ)がある”

僕は自分が何者(なにもの)なのかよくわかりませんでした。でもここに来て、生きることには意味があると知れました。1日目のワークショップを通して、自分が抱(かか)えていた疑問(ぎもん)のこたえが見つけられて、自分自身を表現(ひょうげん)できました。

このキャンプで多くを学びました。最初(さいしょ)は「退屈(たいくつ)しそうだな」と思いましたけど、いろんなアクティビティをやって、いろんな人と出会(であ)えて、「僕は間違(まちが)っていた!」と気づきました。今では、たとえ日本語が流暢(りゅうちょう)じゃなくても、ほかの人と話せると思えます。本当に自信(じしん)がつきました。

Volunteer Staff

スタッフになりませんか?

It’s ME campは、たくさんのボランティアスタッフによって支(ささ)えられています。

スタッフは毎年(まいとし)4月頃から準備(じゅんび)をはじめ、キャンプ場の手配(てはい)、調理(ちょうり)、プログラムづくりなど、いろいろな作業(さぎょう)をします。

10代から60代まで、年齢(ねんれい)もいろいろ!
スタッフどうしで仲良(なかよ)くなれて、たのしいですよ♪

興味(きょうみ)のある人は、ぜひご連絡(れんらく)ください。